コラム_手筒花火とは?手筒の種類から火薬の種類・仕組み・構造を解説

手筒花火とは?手筒の種類から火薬の種類・仕組み・構造を解説

手筒花火の種類

コラム_手筒花火とは?火薬の種類と仕組み・構造手筒花火の種類は薬量(火薬の量)により分けられます。 種類により片手で消費したり、抱えて消費したり、やぐらなどに固定して消費します。

保安距離は都道府県によってまちまちですが、一般的に最も小さい物で半径5メートルから10メートル、一般的なサイズの三斤花火で半径30メートルから50メートル必要とします。

■片手で消費する手筒花火
・4分の1斤(通称ヨウカン)(薬量150g・200g)
・半斤(薬量300g・400g)
・一斤(薬量600g・800g)

■両手で抱えて消費する手筒花火
・二斤(薬量1,200g・1,600g)
・三斤(薬量1,800g・2,400g)
・四斤(薬量2,400g・3,200g)
・五斤(薬量3,000g・4,000g)

■やぐらなどに固定して消費する花火(大筒)
・六斤(薬量3,600g・4,800g)
・七斤(薬量4,200g・5,600g)
・七斤半(薬量4,500g・6,000g)

()内の薬量は鉄粉を含まない場合と含む場合それぞれの数字で、いずれが保安距離の判断基準となるかは都道府県や自治体により異なります。
また薬量に対する保安距離も県ごと異なります。尚、愛知県は他地域と比較して約半分の保安距離が認められています。 全国の保安基準を当てはめると、歴史ある祭りが行えなくなる神社が多いためと私は推測しております。 手で持てる最大の大きさは、愛知県では5斤(4,000g以下)です。設置して消費する大筒は、6,000gまで許可されます。

火薬の種類

火薬は黒色火薬という火薬と鉄の粉を混ぜて使用します。火薬には通称「小小」「小」「中」「大」「大大」などがあります。(※花火屋さんにより異なります) 小小から大大にかけて段階的に噴出し威力が強くなります。 三斤花火や五斤花火では、揚げる人が好みで火薬の組み合わせを一斤ごとに変えます。「小・中・大」「中・大・大大」「小・中・中・大・大大」などのように組み合わせます。 画像は代表的な三斤花火の構造です。火薬ABCを、「小・中・大」「中・大・大大」のように組み合わせます。 必ず火の勢いが徐々に上がるように組み合わせれます。例えば「小・小・小・小・小」の組み合わせでは、燃焼の後半、噴き出し口から距離がある火薬の燃焼時に噴き出し圧力が弱く内圧が高まり爆発したり「小・大大・小」などでは、燃焼温度の急激な変化で爆発したりする恐れがあるためです。